業務用全自動麻雀卓・麻雀用具の販売、麻雀クラブ新規開業・経営相談なら、1945年創業のマツオカ株式会社へ。

第3回ヴェストワンカップ(WEST ONE CUP)

第3回『WEST ONE CUP』

関西の麻雀業界を盛り上げようと2015年から始まった『ヴェストワンカップ』大会は今年で3回目を迎え、ますますの盛り上がりを見せました。

『WEST ONE CUP』とは

日本オープン、發王位戦、ビッグワンカップ等、大きな大会はすべて東京での開催であり、東京以外には知名度のある大会は一つもなく、ビッグタイトルは東京だけのもので大会自体に関心のない地方の麻雀ファンも多いのが現状です。
そこで関西で完結する規模の大きな大会を開催し、関西麻雀界全体の活性化につなげると供に、地方のプロ選手に活躍の場を提供することを目的として創設いたしました。

大会名をドイツ語で「西」を意味するヴェストを冠して「ヴェストワンカップ」といたしました。

関西最大級を誇る本大会は、全国各地での店舗予選に参加する一般参加者、さらに各協力プロ団体からの参加プロ選手など合計約1000名を超える参加者で競われるオープン大会です。(公式サイトより引用)

1,000人を超える選手が集った予選会を勝ち抜いた144名の選手により、5月27日(土)に本戦開催。勝ち残ったベスト48の選手が28日(日)の準々決勝により、15名に絞られました。

当社ショールームにて開催された6月3日(土)準決勝には、大会2連覇中の田内翼プロ(日本プロ麻雀協会)が優勝者シードとしてついに参戦!準決勝、そして翌日の決勝(6月4日)は「ニコニコ生放送」「FRESH!」でも生中継され、配信卓『EagerCC』(当社販売商品)の上で繰り広げられる卓上の闘いは、全国の麻雀ファンを釘付けにしていました。
小林剛プロ・ASAPIN氏・麻生ゆりプロの実況解説も大好評、最後まで読めない展開に観戦者からはどよめきがあがり、各配信でもコメントがたくさん流れ、今大会の盛り上がりは決勝で最高潮に。

【準決勝:ベスト16の成績】(ヴェストワンカップ公式サイトより)

6月4日の決勝に勝ち上がったのは、友添敏之プロ(最高位戦)・板川和俊選手(雀ナビオンラインシード)・田内翼プロ・小松弘樹選手(やすべえシード)の4名。
見事『第3回ヴェストワンカップ』の覇者となったのは、5回戦とも2位と安定して闘った板川和俊選手でした!本当におめでとうございます。

【決勝の成績】(ヴェストワンカップ公式サイトより)

『第3回ヴェストワンカップ』に参加された全ての選手の方々、お疲れ様でした。
大会運営スタッフの方々にも、厚く御礼申し上げます。
是非また来年、当社ショールームにて『第4回ヴェストワンカップ』が開催されることを祈念してご報告とさせて頂きます。

TEL 06-6971-5841

PAGETOP
Copyright © マツオカ株式会社 All Rights Reserved.