業務用全自動麻雀卓・麻雀用具の販売、麻雀クラブ新規開業・経営相談なら、1945年創業のマツオカ株式会社へ。

アフターサポート終了製品のご案内

アフターサポート終了製品のご案内

平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。
さて、平成14年より業界初の電波方式による点数表示枠として発売致しました「レディオ(Radio)」シリーズならびに「アクロ(Acro)」シリーズは、お得意様各位のおかげをもちまして多くのお客様にご愛顧いただきましたが、点棒に内蔵しているオムロン製ICチップが製造終了となったことを始め、供給部品についての生産も概ね終了し、現在の後継機種「イーガー(Eager)」に進化した形で電波式点数表示枠の販売を続けております。

そのような状況下において、現行機種の更なる品質及びサービスの向上に一層注力してまいるため、当社で所持している「レディオ」シリーズの供給部品在庫が終了次第、レディオシリーズ(レディオⅠ枠・レディオⅡ枠・アクロ枠)に関するアフターサポートを終了させていただきます事を、ここにお知らせいたします。買取や下取に関しても該当機種はお受け致しかねます。
お得意様各位にはご不便をお掛け致しますが、レディオシリーズに永きに渡るご愛顧をいただきました事を心より深く御礼申し上げますとともに、今後とも後継機種「イーガー」を何卒宜しくお願い申し上げます。

尚、以前からご案内しておりました通り、センチュリーシリーズについても既に廃番となっている機種に関してのアフターサポートは終了とさせて頂いております。重ねてご確認頂けますようお願い申し上げます。

アフターサポートサービス終了対象製品

レディオシリーズ

・『レディオⅠ』枠(生産中止:平成19年):既にサポート終了
radio1
・『レディオⅡ』枠/『アクロ』枠(生産中止:平成24年):部品在庫が完売次第終了

センチュリーシリーズ

・『センチュリー21』(生産中止:平成4年3月 MMで始まる製造番号)
・『センチュリーNEXT』(生産中止:平成9年7月 MN-920101~MN-929315)
・『センチュリーモア1』(生産中止:平成9年9月 MN-970001~MN-970500)
・『センチュリーモア2』(2001年製造まで ~MN-976000、~MP83400)

センチュリー・製造番号確認の方法

センチュリーの製造番号については、機械本体の電源スイッチ横に
製造番号が記載されたシールが貼付されています。
センチュリー製造番号

サービス終了内容

・電話またはメール等による対象機種の故障に関する修理方法説明等のサポート
・製品及び部品に関する仕様や価格に関するお問い合わせへの回答
・弊社工場での修理(部品含む)並びに出張修理
・対象機種に使用の部品注文

尚、上記以降のシリーズで機種は既に廃番となったものもありますが、供給部品の在庫が当社にある限りはアフターサポートを引き続き行います。
但し、当社がサポートを行うのは当社からご購入頂いたお客様が対象となります。当社以外からご購入または転売された全自動卓に関しては、購入された販売元へ直接ご依頼ください。
以上、予めご了承の程よろしくお願い致します。

TEL 06-6971-5841

PAGETOP
Copyright © マツオカ株式会社 All Rights Reserved.