業務用全自動麻雀卓・麻雀用具の販売、麻雀クラブ新規開業・経営相談なら、1945年創業のマツオカ株式会社へ。

全自動麻雀卓購入Q&A

通っている麻雀クラブにある全自動麻雀卓、友人宅で使っていた全自動麻雀卓。
全自動卓を使用されると「やっぱり家にも全自動麻雀卓を置きたい!」と希望されるお客様がたくさんいらっしゃって、お電話やメールなどでも当社にご相談をお寄せ頂けていること、非常に有難く思っております。

量販店などでよく目にする家電とは違って、全自動麻雀卓はなかなか市場で見ることはありません。
全自動麻雀卓は機種によって機能も様々、価格にも驚かれる方もたくさんいらっしゃいます。
そこで、ご購入にあたって当社がお客様にいつもお伺いするポイントをまとめてみました。
ポイント別にご案内しておりますので、是非ご購入を検討される際に参考にしてみてくださいね。

予算で選ぶ 機能で選ぶ サービスで選ぶ

全自動麻雀卓購入にあたっての予算

「全自動麻雀卓」はたくさんの大小の部品から構成されている“精密機械”です。したがって、金額は機能が増えるとどうしても高額になってきてしまいます。当社でご提案できる全自動麻雀卓のご予算は下記の通りです。
実売価格一覧

10万円台

近年、ネット通販を中心に中国製全自動卓が10万円前後から販売されています。
中国の全自動麻雀卓はメンテナンス性に重きを置いていない“使い切り”を前提とした商品が多く、安価で大量生産されています。その為、同じ機種でも購入時における個体差が大きい、アフターサービスについてもなかなか受けてもらえることが少ないと聞いています。
また、平成28年には大洋技研(株)が特許を取得し、輸入全自動麻雀卓の一部が国内特許侵害機として販売不可となっております。
そんな中、アモスシリーズのメーカーである大洋技研(株)から2017年6月に『アモスJP』が新発売となりました。メーカー保証が1年付いており、中国製の麻雀卓をメーカーにて監修しているので、アモスシリーズの特徴でもある蓋開閉式サイコロBOXや大きなサイズの牌・8種類のゲーム対応・座卓仕様可能など、充実した内容です。但し家庭用麻雀を前提として作られた機械ですので、頻繁に使用される場合であれば業務用の麻雀卓をオススメいたします。

20万円台~

点数表示機能は付きませんが、新品全自動麻雀卓が購入できる予算です。
2016年4月に発売された『アモスジョイ』はスリムな寸法でありながらも機構は業務用で、点数表示無のシンプルな全自動麻雀卓をお探しであればオススメの商品です。残念ながら限定生産品なので、ご検討の場合はお急ぎください。
また、家庭用全自動麻雀卓として名を馳せた「アモスマーテル」の後継機として2015年に『アモスシャルム』が発売されました。近年の流行ともなっているオープントップ型点箱仕様で、カラフルな枠カラーが特徴です。どちらの商品もBIG牌仕様となっており、使い易くて機械本体の組み立ても簡単です。

「中古でも構わないので業務用のしっかりとした全自動麻雀卓を探している」といったお客様には、業務用全自動麻雀卓の名機『センチュリー』の中古品を当社で整備・調整して販売しております。センチュリーを長年扱ってきた熟練の整備士が一連の整備を行っておりますので、安心してご購入頂けます。
機能の有無や枠の程度によって価格が上下致します(実売:23~30万円程)ので、展示場にて直接商品をご確認頂いてからの購入をお願いしております。業務用で人気のあるセンチュリーが安価で手に入るということもあり、当社のお客様からも非常にご要望の高い商品です。
詳しくはこちら

40万円台~50万円台

点数表示機能が付いた新品全自動麻雀卓を購入できる予算です。
「アモスプレジャー」の後継機として発売された『アモスヴィエラ』は新品でありながら“センター点数表示機能”が付いており、点棒もICチップ搭載で点箱の中で混ざっても点数表示が可能です。初めて点数表示卓をご購入されるお客様へのオススメ商品です。また、業務用の角脚仕様をご希望の方に向けて当社にて『アモスヴィエラデラックス』というオリジナル商品もご提供しております。併せてご検討下さいませ。
50万円台では当社製造の点数表示枠『Eager』とセンチュリーOH品(中古)を組み合わせた『EagerHC』がご購入できます。『Eager』はアモスヴィエラとは違い“得点差”表示が可能です。

70万円台

自動配牌・ドラ出し機能付のハイグレード全自動麻雀卓が購入できる予算です。
名機「アモスアルティマ」の後継機種である『アモスレックス』と、当社製造点数表示枠『Eager』とアモス機械本体がドッキングした『EagerCC』があります。配牌機能があるとゲームスピードが上昇するので、フリー店などで特に重宝される機種となっております。

実売価格一覧

ピンク枠商品はメーカー直送可、グリーン枠商品は当社直売商品となります。

実売価格商品名積棒・ドラ出し点数表示リーチ音声
140,400円アモスJP×××
213,840円アモスジョイ×××
268,000円アモスシャルム×××
23~30万円前後センチュリー中古品×××
432,000円アモスヴィエラ×
470,000円アモスヴィエラDX×センター
507,600円×枠部×
743,040円アモスレックス枠部
766,800円EagerCC枠部

全自動麻雀卓の機能

自動配牌

自動で4人の配牌がセットされ、懸賞牌も捲れて天板場にあがってきます。均等出しか王牌残し(リンシャン牌下し)も選択できます。以前の全自動麻雀卓と比較すると、大幅にゲーム時間の短縮がはかれます。また、お客様の疲れも大きく軽減します。
【参考動画:大洋技研(株) 均等出し】

自動配牌・ドラ出し機能が付いた機種は、下記の2種類です。
EagerCC アモスレックス

点数表示

ICチップが予め内蔵された非接触型点棒が主流となり、電波で認識して計測するので点棒の「汚れ」「混ざり」の問題がなくなりました。
オープントップ型点箱についてはもちろん、点棒入れの蓋を開けた状態でも計測します。
【参考動画:Eagerシリーズ ボタン押下で得点差も一発表示】


近年の卓は点棒ケースが一体式が多く、ケースの清掃も手間いらず。
機種によっては点数表示パネルのチェックランプ機能があり、点棒の紛失を素早くチェックできてお客様に安心で快適なゲームをしていただけます。

枠部点数表示機種

EagerCC アモスレックス 

センター点数表示機種

 

リーチ音声

ゲームスタート音声やリーチ発生音、オーラス時の音声が出ます。
(例:4種のリーチ音声、『東場終了しました。南場に入ります』『オーラスです。皆さん頑張って下さい』等)
EagerCC アモスレックス

アモスヴィエラデラックス アモスヴィエラ

購入後のアフターサービス

個人同士の流通(いわゆるネットオークション等)や中国からの輸入全自動麻雀卓などは安価で購入できるかもしれませんが、商品購入後に「修理依頼してもなかなか対応してもらえない」「連絡が取れなくなった」などの不安要素が発生しがちです。


当社でご購入頂いた場合、保証期間中(新品・オーバーホール品は1年)は出張費無料、保証期間後も勿論お伺いいたします!また、関西圏以外からご購入頂いた方へも当社と販売協力関係のある修理業者をご紹介・修理委託いたしますので安心してお任せ下さい。
詳しくはこちら

当社へのご相談、お待ちしております

以上、お客様からよくお問合せ頂く点を掲載致しましたが、「こんなことを聞きたい!」「具体的に色々答えてほしい!」などお気軽に是非当社までご相談下さいませ。麻雀大好きな社長を始め、社員一同でお客様の楽しい麻雀ライフをお手伝いさせて頂きます!

お電話でのお問合せ ⇒ 06-6971-5841 (午前9時~午後5時/第5土曜・日・祝は定休)
お問合せフォームはこちら

TEL 06-6971-5841

PAGETOP
Copyright © マツオカ株式会社 All Rights Reserved.