1. HOME
  2. 事業案内
  3. CSR活動
  4. 麻雀業界内での活動

CSR活動

麻雀業界への社会貢献

CSR活動

麻雀業界内での活動

弊社では、麻雀業界で行われている様々なイベントや大会を応援しています。2018年に麻雀プロリーグ「Mリーグ」も発足し、ますます『競技麻雀』を楽しまれる方も増えています。
是非、一緒に『麻雀』の楽しさを皆で分かち合いましょう!

【協賛】ヴェストワンカップ <WEST ONE CUP>

2015年より開催されている『ヴェストワンカップ』大会の決勝・準決勝に弊社ショールームを会場としてご提供しております。準決勝・決勝はニコニコ生放送を始めとする配信番組で生中継されており、年々観覧者も増えております。

<ヴェストワンカップとは>
ヴェストワンカップ公式サイトより引用)

日本オープン、發王位戦、ビッグワンカップ等、大きな大会はすべて東京での開催であり、東京以外には知名度のある大会は一つもなく、ビッグタイトルは東京だけのもので大会自体に関心のない地方の麻雀ファンも多いのが現状です。そこで西日本で完結する規模の大きな大会を開催し、西日本麻雀界全体の活性化につなげると供に、地方のプロ選手に活躍の場を提供することを目的として創設いたしました。

大会名をドイツ語で「西」を意味するヴェストを冠して「ヴェストワンカップ」といたしました。

西日本最大級を誇る本大会は、全国各地での店舗予選(プロアマ混合予選)の参加者、さらに各協力プロ団体からの参加プロ選手など合計約1000名を超える参加者で競われるオープン大会です。2015年に行われた第1回は初回にもかかわらず、大反響のなか無事に終える事が出来ました。回を重ねるごとに参加人数・地域ともに多くなり、全国から勝ち抜いた強者達が大阪に集結してNo.1を競う日本最大規模の大会として開催しております。

【主催】4人打ち麻雀大会 「Eager Cup」

2015年より毎年開催している弊社主催の4人打ち麻雀大会「EagerCup」は、同じく2015年から開催されている「ヴェストワンカップ」大会の予選会を兼ねています。毎年、関西の猛者が揃い踏みし、熱戦を繰り広げて頂いております。是非、ご参加お待ちしております。

2019年「EagarCupV」は漫画家の田中ユタカ先生をゲストに迎え、今回も満員御礼で盛大に開催させて頂きました。ご参加頂いた皆様、企画・運営でお手伝い頂いた「すだちの巣」様、本当に有り難うございました。

【協賛】麻雀チーム対抗戦「関西バトルロイヤル」

関西バトルロイヤル」は、近畿地区麻雀段位審査会が立ち上げた、麻雀愛好家の為のチーム対抗戦大会です。
弊社も、社長を始め4人で「フレッシュマツオカズ」として参戦中!

下記、公式サイトからの引用です。

ご存知の方も多いとは思いますが。2018年、麻雀に大きな変化が起こりました。
「Mリーグ」の発足。これまで麻雀は個人競技として発展してきましたが、企業が数名のプロと契約を行う事によってチーム対チームという、新たな麻雀の対戦形式が生まれ、これからは広く浸透していくことでしょう。
しかし、麻雀愛好家はチーム戦としての麻雀を楽しむ機会はありませんでした。そこで、普段はサークル活動やプロアマ混合の私設リーグ、同じ店で戦っている方々が、チーム戦を組んで戦える場として、「関西バトルロイヤル」を開催いたしました。
個人競技として麻雀は、あくまで自分以外は対戦相手であり、たとえ友人とは言え対戦中はライバルとなります。
しかしチーム戦では、チームを作ることによって仲間意識も強くなり、チームとしての勝利を共に目指す為に、初中級者の勉強の場も設けやすくなります。これによって、各々のレベルアップにも繋がりやすく、今まで以上に切磋琢磨できる環境が出来上がっていくという可能性も感じております。

【協賛】骨髄バンクチャリティ麻雀大会

「骨髄バンクチャリティ麻雀大会」は骨髄移植によって命を救われた、日本プロ麻雀協会所属プロのルーラー山口さんが大会主幹となって開催されているチャリティ麻雀イベントです。内容は麻雀大会、チャリティーオークション、そして骨髄バンクに関する講演です。
毎年東京などで開催されていましたが、2017年より大阪でも開催され、著名人や麻雀プロを始め、たくさんの方が参加されています。弊社も協賛させて頂いております。
2019年骨髄バンクチャリティ麻雀大会 概要