1. HOME
  2. 事業案内
  3. 麻雀店・麻雀教室新規開業
  4. 麻雀店の種類

麻雀店・麻雀教室新規開業

NEWOPEN

麻雀店・麻雀教室新規開業

麻雀店の種類

麻雀クラブの業態

貸卓店

4人(または3人)で来られたお客様に対して、1時間につきお1人様400~630円(平成23年時点での上限)までの範囲で卓を貸す営業方法です。
従って、経営者が麻雀をできなくても差支えがなく、ご夫婦やご家族で経営されるのであれば人件費もかかりません。
貸卓店の売上はゲーム料金と飲食代金の合計金額となります。

フリー店

1人で来店しても麻雀に参加できる営業方法です。
人数が揃わない人達やお店の従業員など、知らない者同士で麻雀をすることができます。
お客様に店のルールやマナー、禁止事項・風速などの説明をしてからゲームを始めてもらいます。
料金については様々で、通常1ゲームにつき1卓1,200~2,000円程度です。
貸卓専門店と比較するとゲーム料金も多く望めますが、1人のお客様だけでも待たせることのないように
常時3人以上の従業員(人数が足りない時に入るメンバー)を置いておかなければなりません。
4人打ち(東日本中心)と3人打ち(西日本中心)があります。

麻雀教室

貸卓店やフリー店での複合経営としても人気の高い経営形態です。
『(お酒を)飲まない・(煙草を)吸わない・(お金を)賭けない』が基本の健康麻雀がマスコミに取り上げられたことも相まって、特に高齢者の方々から人気の社交場となっています。
麻雀クラブでの複合経営の場合は、昼間の空いている時間帯に教室を開き、夜は麻雀クラブの営業をされています。
開講される前に実際に他の教室で実体験をしてノウハウを吸収することをお勧めしています。
生徒集めと講師の確保も重要になってきます。